キャッシングのせいにしてはいけません

便利で重宝するキャッシングも、使い方を間違えれば自分に害をもたらすこともあります。たとえば返済計画を無視した無茶な借り入れをすれば、返済に行き詰まって苦しい目に遭ってしまいます。しかし、それは決してキャッシングが悪いわけではありません。悪いのは、あくまでも無茶な借り入れをした自分なのです。

これは交通事故や拳銃がらみの犯罪などと同じ理屈です。交通事故は車に欠陥がない限り運転手の責任ですし、銃撃で誰かが死んだ時も、撃った人間が悪いのであって拳銃が悪いわけではないのです。ですから、もしもキャッシングによって自己破産に追い込まれてしまったとしても、それをキャッシングのせいにしてはいけません。自分が反省すべきです。

ともかく、使い方さえ間違えなければキャッシングはお金に困った人々の助けになります。間違いなく、大勢の人々のために大いに役に立ってくれるのです。注意すべきことは、何があろうとも安全な利用だけに徹することです。そうすれば、何の問題も発生しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>